膝痛を改善するために、軽いストレッチを考える人も多いと思います。膝痛の原因はさまざまあるため、その原因によっては、運動などが禁止されることもあるでしょう。でも、膝の関節痛の場合、運動不足や加齢などに伴って、関節周辺の筋力が衰えたことが原因になることも多いです。そのような膝痛の場合には、ストレッチである程度筋力を回復すれば、グッと改善する見込みがあります。痛みだけでなく、熱や腫れがある場合のストレッチは良くありません。しかし、そうでない場合には、まず軽い運動から始めるとよいでしょう。では、膝痛にはどんなストレッチが効くでしょう。まずは、椅子に深く座って、片足ずつ足を膝に無理のない程度まで上げ、5〜10秒止めて、もとに戻すのをゆっくり各5回くらい行います。一度にたくさんやればいいというものでもありません。それに、無理をすると逆効果になってしまいます。毎日少しずつ続けるという事が重要です。他には、立った状態で片足ずつ交互に上げて、片足で数秒間立つ訓練もよいでしょう。これも出来れば、左右を5〜10秒間、毎日5セットくらい続けるといいですね。また、それと同時に、指で膝のお皿の周りをマッサージするのも効果があります。マッサージは出来るだけ血行が良い状態で行った方が効果が高まりますから、浴槽の中や入浴後に行うとよいでしょう。きつく押せば良いというものではありませんから、あくまでもマッサージの感覚で行うようにしてくださいー